気が付いたら、いつの間にか、、、

気が付いたら、いつの間にか、、、

 気が付いたらいつの間にか、冷え性になっていました。最初は、夜布団に入ると、何か足の先がスース―トするくらいでした。 そのうち、就寝時に足先の冷えが耐えられなくなり、靴下を履いて寝るようになりました。

しばらくの間は、それで何とかなっていました。 ですが、徐々に冷え性が進行してきたようで、寒さに耐えられなくなり、足先を温めるために、いろいろと工夫が必要になってきました。
冷え性で解消

まずは靴下の上に張るタイプの懐炉を使いました。

でも、一部だけ温かくなるだけで足先全体の防寒にはなりません。そこで次は、電子レンジで温めて使う大きな行火を併用しました。これでだいぶ楽になり、その冬はこの二つで何とか乗り切りました。 問題は、次の年の冬でした。足首から先が掌で触っても明らかに冷え切ってしまうようになり、どうしようもなくなって、病院に行きました。診察してくれた医者の話では、特別な病気というわけではないが、確かに足先の血流が落ちているということで、貧血の薬を処方され、同時に睡眠導入剤も処方されて、寝付けない時には飲むように指示されました。 というわけで、現在も冷え性は進行中です。靴下を履いて行火を入れて、薬を飲んで夜を迎えます。 冬が来るたびに、憂鬱になるここ数年です。

冷え性 link