やることを決めることが「もの忘れ解消法」

やることを決めることが「もの忘れ解消法」

なぜ人はものを忘れてしまうのでしょうか。それは覚えなくてもいいことを、
覚えているからかもしれません。そこでまず何を覚えるべきか決めてしまいましょう。

 

次に何を覚えなくていいのか決めてしまいましょう。例えば人の顔が覚えられないという人は、
携帯電話に名前と写真を登録して、携帯電話に代わりに名前を覚えてもらうようにしましょう。

 

そうすると気が楽になり、人の顔と名前を覚えることに、
妙にコンプレックスを感じなくてよくなります。「もの忘れ解消法」となるとついつい
覚えることばかり気にとられてしまいますが、逆説的に何なら忘れていいのか、
自分は何を覚えるべきなのかを明確にしてみましょう。そうすることによって
人はもの忘れを本当の意味で防げるのではないでしょうか。

 

ぜひ皆さん改めて、自分は何を覚えるべきか、覚えなくていいのかノートなどに
書き出してみてはいかがでしょうか。そうすることで自分の人生も見つめ直せるかもしれません。